商品紹介

北星樹脂工業が製作・販売する商品例の最新情報を掲載しています。

樹脂製タンク

既成のPE製やFRP製のタンクと違い、ご希望される形状のタンクを設計&加工し提供しております。
温度や薬液条件に適した材質のものをリコメンドします。

こんなお客様へお勧め

  • タンクの設計に自由度が欲しい方(大きさやノズル位置)
  • 腐食でお困りの方(金属代替)
  • 輸送の問題で北海道での供給を望まれている方

強みポイント

  • オーダー対応なので、ご希望に沿った対応(設計)可能
  • 耐食No.1の樹脂で加工
  • 苫小牧で製作します

実績

PVC大型吸収塔

用途有害ガスの処理

φ1200x10mH
大型加工品は熱加工による表面の歪みや垂直性保持に注意し製作します。

PVC角型タンク(SUS補強)

用途次亜塩素酸の貯槽

W200×2000×1500H
気化性流体用タンクは、内圧上昇があるため溶接部は特に強度保持に注意しています。SUS枠と合わせた構造とし強度を持たせました。

PVC+FRP横型丸タンク

用途塩酸貯留槽

φ1600×4000H
複合素材の場合は内外層の一体性がポイント。様々な工夫を凝らし一体化させています。

PVC透明 処理槽

用途基盤洗浄処理槽

W2500×700×600H
透明板の熱変色、キズ付がないよう細心の注意をはらい、溶接部を仕上げます。

PVDF 角タンク

用途フッ酸液の循環槽

W1200×800×700H
PVDFは熱に対する伸縮が大きく、歪みが発生しやすい素材です。溶接による影響を除きつつ丁寧に仕上げます。

PVCアイボリー+透明PVC 外枠

用途薬液ユニット用フード

W1300×800×1200H
設計から製作まで。
内部状況が確認しやすいデザインに仕上げました。

PVC製装置枠

用途流氷発生装置の外枠

W600×600×1800H
中に入る精密機械や強化ガラスを現地で簡単に取り外せる様に工夫しました。

PVCスクラバー

用途大気汚染処理装置

W2500×3000×2300H
現地状況に合わせ、一から設計・製作しました。大型になると歪みが生じる為、最適な位置に補強枠をつけて製作しました。

よくあるご質問

金属製品を樹脂化するメリットはありますか?

色々ありますが、4点例に挙げて紹介させて頂きます。

① 軽量化: 樹脂と金属の 1番の違いは重さにあります。
比重で比較すると「樹脂の比重:1~2」「鉄や銅の比重:7~9」「アルミニウムの比重:3」 鉄や銅と比較すると、約 1/4~1/10。アルミニウムと比較しても約半分の軽さとなります。

② 耐薬品性:金属は一部を除き、酸化しやすく錆が発生します。
また酸やアルカリにも侵されやすいという特性があります。 樹脂の場合は、薬品に応じて材質を選定すれば、耐薬品性に優れたものが必ずあります。正しい材質選定を行えば、部品劣化を防ぐ効果が期待できます。

③ 透明なものが製作可能:金属には透明なものが有りませんが、樹脂にはあります。
中が見えず、作業性が悪かった場所も樹脂にすることにより、可視化が可能です。

④ 柔らかい:金属は非常に硬く、丈夫ですが相手側に傷をつける可能性があります。
その反面樹脂は柔らかいので、相手側に傷をつける可能性を減らせます。

精度はどれくらいでますか?

基本的には工作機械の精度保証内にて加工しています。 精度が重要な場合は一度相談させてください。
樹脂は温度変化による寸法膨張が金属と比べると大きい為、どうしても金属よりも精度が安定しません。

時間が掛かり、加工困難な品物はありますか?

形状が複雑で工程が多いものや、寸法公差や幾何公差が厳しいものは加工に時間がかかる事やお断りせざるを得ない場合もあります。
また、極端に薄い部分があるものや大きさが極端に小さい・大きい物や、形状にアンダーカット(刃物が入らないよ うな形状)は困難な加工になります。

図面はどうやって作成していますか?

製図ソフト(CAD)を用いて図面を作成しています。 弊社では基本はIJ-CADを使用しております。

図面データが無くても大丈夫ですか?

紙図面があればメール、FAXにてお送りください。フリーハンドによる図面でも問題ございません。
綿密な打合せによる対応も致します。

納期がないのですが、製作可能ですか?

誠心誠意、可能な限り対応を検討させていただきます。

納品の方法は?

通常は弊社と取引のある宅配業者様に配送してもらいます。お客様のご指定があれば、それに対応することも可能です。
お客様ご自身で引き取りに来社いただけるのであれば、それでもかまいません。
時間指定等はチャーター便等での対応となります。

遠距離でも大丈夫?

ご注文をいただくのに地域は限定していません。どちらの地域からでもご注文は可能です。
現在、北海道から沖縄まで日本全国のお客様からご支持をいただき、ご注文をいただいております。
ご注文の方法としては、メール、電話、ファックスで承っています。
まずは製作する製品についてのご相談からとなります。
図面がなくても現物があれば製作できるかどうかを知りたい、複雑な形状のもので製作可能かどうかを知りたい、こういった材質のもので製作可能かどうか聞きたいなどのご要望をお聞かせください。
弊社で製作可能な場合、それからお見積りをさせていただいて、その内容に納得頂いたのちに、正式なご注文をいただければ製作にとりかかります。
出来上がった製品は、もちろんのことながら日本全国どちらへでも発送可能です。まずはお気軽にお問合せください。

量産可能ですか?

もちろん量産可能です。

○○○○○という用途なんですが製作可能ですか?

どうぞお気軽にお問い合わせください。

支払いの方法は?

過去にお取引のない場合ですと、弊社の取引条件にてお支払いいただきます。
継続してお取引きいただきましたら、お客様の希望の締日に合わせて一月ごとの合計請求をさせていただきます。
お支払は基本的にお振込みでお願いしております。

有害物質を含む材質はありますか?

弊社では全ての材質において含有物質の調査を行っており、毒物及び劇物取締法等の禁止物質や、RoHS2等の制限 物質、REACH・SVHC等の管理物質に対応しております。

ページトップへ